システムの機能・特長のご紹介や実際のアナウンスを試聴していただけます。

チケットもぎり担当スタッフが劇場アナウンス業務を兼務する状況では、お客さまへのサービスや業務の品質にさまざまな制約や問題が発生しています。


お客さまが入場されようとしているのに、アナウンスが終わるまでもぎりができない

入場時刻になり、お客さまがカウンター前で列をつくっても、アナウンスが終わるまで待っていただくことになり、お客さまに迷惑がかかるとともに、ロビーの混雑がなかなか解消できない。

アナウンスを中断し、もぎりを行っている

お客さまを待たせてはいけないので、アナウンスを中断してもぎりを行うと、適切なアナウンスが行えず、案内が不十分・不親切なものとなってしまう。

アナウンスしながらのもぎりではチェックが不十分

アナウンスともぎりを同時に行うと、結果的にアナウンスとチケットチェックの双方が十分に行えない。慣れないスタッフでは不可能な場合も。

繁忙時にはどうしてもアナウンスが粗雑になってしまう

混雑が発生するシーズンや時間帯では、スタッフの負担も増え、どうしてもアナウンスが粗雑になったり、雑音で聞き取りにくくなったりしてしまう。

劇場・地域・担当者ごとにアナウンス品質が異なる(なまり・スキルの問題)

スタッフの経験度や適性度がまちまちで、劇場によりアナウンス品質のバラツキが発生している。これらが、企業イメージにも影響を与えてしまう。

シネマコールは、シネマフォンのエンジンを使用し、
自然で高品質なアナウンスを自動放送します。

シネマコールは、チケットシステムと連動し、館内の上映案内放送を自動化。プロのナレータによる高品質なナレーション、フロアの状況を確認しながら手元のタッチパネル端末により直感的な操作が可能。サービス品質とシネマイメージを向上し、スタッフ業務の省力化を実現します。


高品質な音声コンテンツ

●プロのナレータによる高品質なナレーション

●オリジナルのメッセージも同一ナレータによる音声の提供が可能


チケットシステム連動

●シネマフォンでおなじみの作品タイトル配信サービスを活用

●チケットシステムとのマスタ連動により、上映開始案内を自動化


シーン別アナウンス集による、多彩な定型案内

●各種シーン別固定アナウンスを選択し、案内

●さまざまな状況別文例を組み合わせて任意の案内を作成し放送することも可能


タッチパネル方式の最新端末

●操作端末には、タッチパネル方式の最新タブレットPCを採用

●直感的な操作環境で、PCに不慣れなスタッフでも簡単に操作が可能


タイマー/手動起動による自動放送

●案内スケジュールの設定により、時間や曜日別に自動放送

●自動放送で対応できないような放送は、通常のマイク放送に切り替えることが可能



例えば、今までスタッフが肉声で放送していた以下のシーンを自動化できます。入場案内をはじめ、各種サービスや売店のPR、期間限定のキャンペーン案内等のほか、オリジナルメッセージも自在に挿入可能です。
試聴いただけ
ます▼
再生
再生
再生
再生
※各ナレーション、BGMにつきましては、当社および制作元の著作物につき一切の転載、ダウンロード等を禁止いたします。
▲PAGE TOP

》トップページ 》システム概要 》サービス概要 》画面イメージ 》端末・設置環境 》ユーザー事例 》料金システム・活用分野 》お問い合わせ

朝日テレフォン放送株式会社
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町1-6-11 西野金陵ビル西館9F
TEL.06-6262-4545 FAX.06-6262-1022
http://www.asahi-tel.co.jp  Email:info@asahi-tel.co.jp